忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 
#509 植物として

 台風一過。当地はそれたものの、それは全日本祈祷師協会関西支部の力による結果ではない。雨乞い師たる者、災害を他の地域へ押し付けるようなことがあってはならず、日本全国を救うべく、日頃から精進している。が、このたびのこの結果。協会員一同、力及ばず痛恨の極みだ。収穫期の田んぼの被害は相当なものになるだろう。ウチはと言えば、ちょっとした苦労があっただけで済んだ。

拍手[0回]

PR
#508 ハイライト

 収穫の喜びという言葉をよく聞く。農作の中でも準備から収穫までずいぶん日数がかかるお米作りでは、その言葉の重さはひとしおやもしれない。さて、田植えと稲刈りはお米作りのハイライトシーン。特に稲刈りは晴れの舞台だ。が、ワタシの初めての稲刈りは、抱いていたイメージとはずいぶんちがった状況で行なわれることとなってしまった。

拍手[0回]

#507 稲刈り

まずは稲木作りから
091004稲木

拍手[0回]

#490 せめぎあい

 雄鹿が遠吠えを始めたと思ったら、またむし暑くなった。この暑さでは雌鹿も馳せ参じる気にはならないだろうな。ミンミンゼミももうちょっと鳴いていたいようだ。が、季節は確実に秋に向かっている。たくさんの山の生き物が秋を迎えようとしている中で、気になる動物がいる。

拍手[0回]

#486 野 生

 近所のMさんと、秋口はなぜ寂しいかについて議論が始まった。「この寂しさって、なんなのでしょうね」「なんなのでせうね」「・・・」「・・・」答は出ず、議論は一瞬で終わったとさ。で、人の寂寥感を尻目に、あちこちの水田がいっせいに黄金色に色づいてきた。マイ田んぼは水田と乾田のふた通りの作り方をしたんだけど、実は、もう一種の隠し田??がある。

拍手[0回]

#485 ニルヴァーナ

 6月に田んぼの真ん中に植えた蓮。どんどん根を伸ばし葉を広げ、つぼみを付けた。そして今朝、とうとう大輪の花を咲かせた。さまざまな生き物が暮らし、水草が生い茂り、稲が育ち、真ん中に守り神となった蓮が咲く・・・これぞイメージした田んぼだ。蓮を眺めながら記念にオカリナ吹いたら、涙がにじんできたよ。・・・ん、まだひと粒も穫れてないんだっけ。

拍手[0回]

#484 うま味

 青い空に、うろこ雲が細長〜く連なって流れてゆく。「そろそろサンマが食いてぇなー」つまりはすっかり秋の空気だって言いたいのだが、もう少しロマンティックな連想ができないものだらふかと、我ながら情けなくなる。とまれ、実りの秋の恩恵その一をさっそくいただいた。

拍手[0回]

#483 労働と創造

 他所の田んぼが気になるだ。近所だけではないぞ。車で走っていても、どこかで田んぼの横を通ると覗き込んでしまうだよ。大方の田んぼは、すでに穂が垂れ始めている。秋の風景になりつつある。T市へレッスンに行くとき、途中の山里で同市の小学校の体験農場の横を通る。毎年手作りの案山子が目を楽しませてくれる。ん、おらちの稲よりもよっぽど出来がいいじゃないか。

拍手[0回]

#482 穂が出たべー

 半ズボンにゴム草履で田んぼに入って草刈りをしただ。なんて気持ちがええだべかー。炎天下もなんのその、そよ風が実り始めた稲穂をゆらすのを見ると、暑さも吹き飛ぶだよー。きょうは誰も通らねー。草刈機の爆音も聴こえねー。鳥の声しか聴こえねー。静かだベー・・・。こんな日に草刈りをしてると、いろんなことを考えてしまうだよ。

拍手[0回]

#481 マイ水生植物園

 ようやく低気圧は退散した。強い日射しが戻ったが、からりとしていて、それはよかった。あちこちの田んぼでは、稲穂が黄色くなって頭を垂れている。マイ田んぼの稲たちも、たくさんの仲間の草の中でなんとか育っている。「お米を作るには、まず環境作りから」とのポリシーの元、水生植物園と化してしまったマイ田んぼ。その実態や如何に。写真的リポート。

拍手[0回]

#476 巣

 8月8日といえば、この話題しかない。ハチヤさん、ハチスカさん、ハチダさん、読んでるかな〜。数日前、よく知ったご婦人がワタシの仕事先までメールをよこした。件名は「えらいこっちゃ」だった。どうも、なんらかの事件に巻き込まれた末のSOSのようだ。

拍手[0回]

#475 長 柄

 夏だから、ああ、夏だから、陽焼けする。一ヶ月ぶりに会う人に「一段と黒くなりましたねー」と言われて、なぜかうれしくなる。その一方で、陽焼けの仕方が気に入らない。顔と腕だけが異様に黒くて、それ以外の服に隠れた所は真っ白のままなのだ。百姓焼け、労働者焼け、貧乏焼けだ。せめて半ズボンをはいて足も黒くしようか。何を見栄を張ってるのだ。

拍手[0回]

#472 I' m here with you

 カワセミを見た。6月17日以来だ。その日と同じ場所、マイ田んぼのすぐ近くの小さな堰堤でだった。カワセミほど美しい鳥はいない。いないと言ったらいないのだっ。おまけにきょうは、生まれて初めてイカルの姿を見た。なんていい日なんだ。ニコニコがあふれ、止まらない。近ごろは、こんなときにいちばんニコニコがあふれ出る。これでいいのか。これでいいのだ。

拍手[0回]

#471 秘密兵器

 一ヶ月前、マイ田んぼに鹿除けのネットを張り巡らせたこと、いずれはそのネットの下部に猪除けの柵をしつらえる予定であることを書いた。では、マイ畑はどうなのかと言えば、たいへん困ったことになってしまった。先週末、とうとう猿がやって来たのだ。猿はネットでは防げない。電柵でも防げない。猟師さんも鉄砲で撃つことをためらう。さあ、どうする。

拍手[0回]

#470 夢の共演

 ワタシと同じくアカショウビン・フリークのMさんに、アカショウビンの声を録音できたことをメールで知らせた。と、すごい返事が来た。ワタシが録った二日後に、家でケイタイでアカショウビンの声を録ってたんだって。そのファイルを送ってもらった。聴いてみてまたびっくり。アカショウビンとイカルの共演じゃないか。ここで紹介させてほしいとお願いし、快諾を得た。

拍手[0回]

おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[07/17 Kitty]
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]