忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-121 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 11 next 01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

#666 あんまりな

「これ、おいしそうっ」
「ん?」
「マッチョ鯛焼きっ」
「は?」

拍手[0回]

PR
#595 ドウイウコトダ

 通い慣れた道に危険が潜んでいる。使い慣れた道具に落とし穴がある。「いつも通り」というのが危ない。ルーティンワークこそ慎重に行なうべきだ。でなければ、狼狽し、混乱し、自信喪失、自己崩壊に至ってしまうことさえある。いつものCDプレイヤーに一枚のCD−RWを放り込んで再生スイッチをオンにしたワタシは、混乱の極みに落ち入ってしまったのであった。

拍手[0回]

#353 すたこらさっさ

 子が親を思う気持ちのお話。しーちゃんは、お庭にブランコを作ってくれて、いっしょに田植えや稲刈りをしたおとうさんが大好きだ。もちろん、おかあさんも大好きだ。しーちゃんはくりくり目で、率直で快活でがんばり屋だ。そしてウチのよく知ったご婦人のピアノの生徒なのだ。ある日、大好きなおかあさんに、大好きなおとうさんを思う気持ちを伝えようとした。

拍手[0回]

#352 どうせワタシは

 子どもの笑いのツボはおかしい。おとなが当たり前に使っている言葉を笑いに変えてしまう。みーちゃんの場合、その率直さと笑い上戸が加わって、いっそう笑わせてくれる。みーちゃんは、よく知ったご婦人のピアノの生徒だ。ある日のふたりの会話は、ワタシをダメオヤジにしてしまった。

拍手[0回]

#218 何を可笑しいと思うか

 何を可笑しいと思うかは、人それぞれだ。ジョーク、オチの類いは、わかる人にはすぐに大ウケするが、わからなかった人に何がおもしろいのかを説明しても「へぇ〜、そう」で終わることがほとんどだ。
 さて、この世には、このことについてはけっして笑ってはならないというタブーが存在する。そのことについて笑ってしまったら、「笑った人自身が」必ず苦しんでしまうので、けっして笑ってはならないのだ。

拍手[0回]

#216 教訓にはならないこわれかた

 子供のときから、ロッキングチェアにあこがれていた。おとなになったのだからそれくらい買えばいいじゃないかと思われるやもしれないが、あれってけっこう場所を取るのだ。我が家の住宅事情ではなかなか思い切れず、今日に至っている。
 もうひとつ、あこがれていたものがあった。

拍手[0回]

#166 ふくよかな秋

 天高く、馬肥ゆるのだから、人も肥ゆるだろう。ワタシはといえば、空に浮かぶウロコ雲を見ればサンマのウロコに見えるし、青い空は脂が乗ったサンマの青身、周囲の綿雲は大根おろしと白ごはんに見えてしまう。
 やせ形のワタシは、ときどきもう少しかっぷくがよくなりたいと思うが、叶わない。食べることは大好きなのに、だ。もっと食べよう。

拍手[0回]

 実は、梅雨時は大好きなのだ。変わってると言われるかもしれない。しかし、多くの植物・生き物のパワーが全開になっていくのを感じ、天候も空気の色もにおいもドラスティックに変化するし、自分の意識もハイになり、梅雨から夏にかけてが自然の神秘をいちばん感じる時節なのだ。
 夜型のくせに日が長いのも気持ちがいい。夜は極楽の余り風をいただく。
 はだしではだかで暮らせる季節到来。野生に還る。マムシもムカデも、なんでもいらっしゃい。♪ みんなみんな生きているんだ、ともだちなんだ ♪
 でも、蚊は少ない方がいいな。血を分けた兄弟という心境にはなれない。

ajisai.jpg

拍手[0回]

 この、ワタシにまつわる「16勝1敗」とはいかなる意味の数字か?
 これは、この6年間にワタシが参加した野外コンサートの晴天率なのだ。つまり、17回のうち雨で流れたのは一度だけということである。中には、降りそうになってきたので急きょ会場を屋内に移したが、結局降らなかったというものもある。ちなみに、2004年9月の京都府美山町のキャンプ場でのコンサートは台風がやってきて流れた。
 そして、これ以前の正確な記録には当たっていないが、揚琴の演奏活動を始めて20年、雨で流れた、または会場が急きょ屋内に移動した野外コンサートは、三度しか記憶にない。
 この数字は、ワタシを「晴れ男」と呼ばせるに十分ふさわしいものだと思っている。この6月には3度の野外コンサートがあった。梅雨時にこれだけ野外の企画が重なるのは珍しいが、空梅雨模様とはいえいずれも晴れ。ふはははは。
 ということで、野外コンサートの企画にはぜひ友枝良平をご指名くださいますようお願いいたします。

拍手[0回]

 去る5月13日のガチョウコンサート(関連記事)に、近所のおじさんが来てくださっていた。
 後日、おじさんから、ワタシの演奏に対するご感想が寄せられた。

拍手[0回]

おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[07/17 Kitty]
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]