忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-121 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 11 next 01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

#210 創作鍋

「なあ、お里」
「はい、旦那さま」
「わしは鍋が好物やのに、この冬は一向にまともな鍋が口に入らん。『かも』鍋、『雪』鍋、『ボタン』鍋に『鱈ちりとてちん』、あげくのはては『牡蠣の殻』鍋や」
「どうぞおひまを」
「まあ待て。ひまを出そかとも思たけどな、わしはお前の妙にとんちがはたらくところに気がついたのや。今晩、この国のどこにもない鍋を作ってわしをあっと驚かせたら、この先もうちに置いてやってもええ」

拍手[0回]

PR
#209 牡蠣鍋

「立春もすぎたというに、こう寒いと鍋が恋しいな。それにしても、ここんとこまともな鍋を食わしてもろたことがあらへん。おーい、お里」
「はい、旦那さま」
「きょうこそうまい鍋をたのむぞ。今晩は牡蠣(カキ)鍋や。あたるとこわいから、新鮮な牡蠣を選ぶのやぞ」
「かしこまりました、旦那さま」

拍手[0回]

#208 たらちりとてちん

「おーい、お里」
「はい、旦那さま」
「明晩の大事なお客さまやがな、ことのほか猫がお好きなご仁でな。猫がおったらご機嫌になりなさるんや。なんとか猫を一匹用意してくれんか。それと、今晩の夕げは鱈(タラ)ちりにしてくれ。熱燗とな」
「かしこまりました」

拍手[0回]

#207 ボタン鍋

「節分過ぎても、まだまだ寒さきびしいのう。今晩も鍋にするか。おーい、お里」
「はい、旦那さま。牡丹鍋ですね」
「お、なんでわかるんや」
「今は猪にいちばん脂が乗る頃ですから」
「ふむ、きょうこそうまい牡丹鍋を食わせてくれよ」
「はい、旦那さま」

拍手[0回]

#206 雪 鍋

「おー、よう積もったな。今晩はあれにかぎるな。おーい、お里はおるか」
「はい、旦那さま」
「今晩は雪鍋にしてくれるか。熱燗とな」
「はい、承知しました」
「雪鍋の材料は、わかっとるな」
「はい、もちろんです」

拍手[0回]

#203 カモ鍋

「おーさむ。今夜はなんぞ鍋にするか。おーい、お里はおるか」
「はい、旦那さま」
「今夜は鍋がつつきたいな。なんぞ鍋の材料を仕入れて来ておくれ」
「では、鴨鍋でよろしいですか」
「あー、それがよい。ええ鴨を買うてきておくれ」
「はい、旦那さま」

拍手[0回]

#194 正月的視線

「あたたかいお正月でしたね」
「ほんとに、こんなにあたたかいお正月は初めてでしたね」
「暖房がいらなかったですね」
「ははは、ご倹約でけっこうなことで。たしかに、昼間はストーブを消せるくらいでしたね」
「一日中半袖ですごしてましたよ」
「ははは、そりゃお元気なことで。でも、ご無理のないように」
「ハワイはすっごくあたたかかったです」
「・・・・・」

拍手[0回]

#192 流行り病い

「ふ〜む、いい朝だぜ。きょうも“げんのう”ふるう腕が鳴るぜ」
「棟梁、おはようございます」
「おっ、為吉、ずいぶんはえぇじゃねえか」
「仕事始めですから」
「気合いがへえってるのはいいが、力んじまって てめえの指ぶったたくんじゃねえぞ。んじゃ、一週間も現場を放ったらかしだったんだ、掃除から始めっか」

拍手[0回]

#191 正月風景

「だんさん、おめでとうございます」
「おめでとうさん。まあ、屠蘇でも一杯やっていってんか」
「へえ、こらおおきにさんで・・・おっとっと・・・ほー、これはええお屠蘇で」
「せやろ・・・おっとっと、おおきにおおきに・・・ところで、あんた、今年の抱負はどないに思うてなさる?」
「へえ、そらもう、ぬけるように白うて、絹のごとくにきめ細かで、にごりがないのに味わい深い、そんな風なんがいちばんでございますな」
「そら『豆腐』やろが。ほな、一年の計はどないなっとる?」

拍手[0回]

 むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんが、ふたりでなかよく暮らしておりました。
 ある朝、おじいさんがおばあさんに言いました。
「ゆうべ、みろくぼさつさまが夢枕に立たれてな。わしがこの間なくしたコンタクトな、見つかるとおっしゃるんじゃ」
「ほう、どこで見つかるとな」
「ここから西へ三里、南へ三里行ったところに松の木が二本あってな、その間にあるから見つかるまで探してみるがよい、と、こうおっしゃるんじゃ」
「ほだば、さっそく行ってみるべえ」
「さっそく行ってみるべえ」
 信心深いおじいさんとおばあさんは、朝ごはんも食べずに、握り飯を持って出かけました。

拍手[0回]

おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[07/17 Kitty]
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]