忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09
915  914  913  912  910  909  908  907  906  905 
準備というものには、終わりがない。
持ち物をそろえ終わっても、タイムスケジュールを作り終わっても、すべての連絡を済ませても、これで完璧ということはない。
だから準備とは、終わるものではなく終えるものであると言える。
さて、山音の準備を開演二日前にすべて終わらせただなんて、過去二十三回のうち何度あっただらふ。
(※ 山音 = オカリナ倶楽部夢見るガチョウ公開合同演奏会「山の音楽会」)


__________________________

山音二日前。
音響機材も、音源も、進行表やキューシートも、プログラムも、ポスターやPOPも、譜面台も、テーブルクロスも、すべて調った。
関係者への連絡も済ませた。
あとは前日に機材を車に積み込めばいい。
前日はほとんど寝て暮らせるわけだ、わはははは。
もう何も心配しないし何もしないぞ。
みなさんお願いだから明日はそっとしておいてね。
急に出られなくなったから センセイ 代役頼むわとか言わんといてね。
__________________________

山音前日だ。
大工仕事の続きをするぞ。
傷んだ板塀の入れ替えだ。
が、板塀をばらしたり杭を土に打ち込んだり板をトンカチと釘で打ちつけたりを斜面にへばりついてしたものだから、両ひざが笑い出した。
かかかかか。
ついには両足全体が重だるくなってしまった。
ももももも。
で、あしたは山音だ。
大荷物の搬入搬出だ。
司会だ。
演奏だ。
だいじょぶだとも。
無駄な力が抜けて良いわさ。





前日に山音のことを完全に忘れる時間を持つのもいいものだな。
いつもできるだけこんな風にしたいものだ。

車にすべての機材を積み込んだ。
どんなもんだい、準備完了だ。
あとは車に乗り込んで現場まで走らせるだけだ。
どんなもんだい。
なんなら今すぐ行こうか。

早めに寝よう。
まだ 23 : 30 だ。
前日としては画期的だ。
明日は 6 : 30 起きで十分だ。
どんなもんだい。
__________________________

きょうは山音だ。
弁当も作った。
きょうは先勝だ。
早めに出よう。
奇跡だ。
奇跡よ、さらに起これ。

・・・・・

ああ、ポスターとPOPを張り出す両面テープを忘れてきた。
やっぱり忘れ物をした。
が、被害軽微だ。
奇跡だ。
弁当は忘れなかったし。
__________________________

それはそうと、センセイ というものは、その立場上、準備と司会進行に加えて、演奏もせねばならない。
で、センセイ ことおまえ、じゅうぶん練習したんか??
準備を早く終わらせることができたって浮かれてるけど。

練習というものには、終わりがない。
準備と同じだ。
本番前でも、どこかで終わらせなければならない。
で、ぎりぎりの時刻まで練習したからといって、それが良い演奏につながるとは限らない。
ぎりぎりまで練習しようというその気持ち。
その余裕のなさが、演奏に悪影響を与えたこともしばしばあった。
だから、前日の練習は早めに終わらせてエネルギーを温存する方が、たいてい良い結果につながる。
直前の練習は、軽く流して身体を調整し、内容と演奏プラン等々を確認する程度にする方がいい。
そうすると、逆に新しいアイデアがひらめいたりする。
早速本番で試してみる。
それが、楽しい。

今回は音響機材を一新した。
ついでに、機材を運ぶカートも仕入れた。
どんなもんだい。




話をそらすなよ。
おまえ、じゅうぶん練習したんか???
__________________________

5月28日(日)のガレリア亀岡では、われわれの山音の会場である響ホールから壁を隔てたホールでは、フリーマーケットが開かれていた。
生徒のみなさんのリハーサルが終わった後、ちょっとのぞいてみた。
すると、いるわいるわ、買い物に夢中の生徒さんたちが。
なんなんだ、この余裕は。

開演のあいさつでわたしは、開口一番こう言った。
「きょうはまことに良いお買い物日和で!」
そして、さっきとなりのフリマ会場でたくさんの生徒さんたちと出会ったことを付け加えた。
「五年前では考えられなかったことですね〜、このゆとり。かつては開演直前まで顔をひきつらせて練習している人がそこら中にいましたよね。」

もはやみなさん、舞台を、演奏を楽しむの境地だ。
素晴らしい。
緊張するにしても、明確な目的があるゆえの良き緊張感として伝わってくる。
だから、音は生き生きし、かつ抑制が効いている。

それで、おまえ、じゅうぶん練習したんか???
なんだかんだ書いておいて、実は練習はてきとーに終わらせた、準備とはそういうものだってオチじゃないだろうな?

__________________________

センセイことわたしは、ある程度吹ける生徒さんには、どんな曲を吹けるようになるかよりも、演奏全体の質の向上に努めてほしいと、いつも願っている。
やわらかく、無駄がなく、メリハリがあって、息使いに意図が、音色に生命力が感じられ、心に沁み入ってくる演奏を、わたしと共にめざしてもらえたらうれしい。
できれば本番前でも、「失敗しないための練習」ではなく「未来につながる練習」をしてほしい。
そんなわたしの思いに応えてくれた生徒さんたちの演奏には、日頃からこうしたことの大切さを理解して、コツコツ地道に練習してきた成果が、遺憾なく発揮されていたと感じた一日でもあった。

ゴールが無く、また未来を広げるという意味で、練習はやはり他の物事の準備とは少し次元が異なる営為であるのかもしれない。

 おしまい。
 

17.05.30 記 

山音翌日には新しくした塀に廃材で扉を作り付けたとさ。
何色に塗ろうかな。


拍手[2回]

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
山音
山音当日の、お買い物日和に?私も参加したかったな~!と、失礼いたしました。
先生は、準備万端整って 整って・・に
何処かで どんでん返しが ありはしないかと 興味津々で読ませていただきましたが 残念!と言いますか・・・充実した前日を優雅に過ごされたのですね。
山音では、皆様の日ごろの成果が十分発揮され余裕のある演奏が会場に響いたのですね。次回の山音を楽しみにしております。私事では演奏をお願いしてお世話になりありがとうございました。
Kitty EDIT
at : 2017/05/31(Wed) 09:47:53
Re:山音
Kitty さま

順調な山音でほっとしました。
どんでん返し、いちばん恐れていたのは僕です!

このたびは残念でしたね。
次回は今回の分も楽しんでくださいね。

 巴だ
at : 2017/05/31 11:27
おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[07/17 Kitty]
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]