忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-061 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 05 next 07
1  2  3  4 
去る7月12日、一枚の二つ折り密封式ハガキが、マイ愛車の製造元であるF社の販売店から届いた。
開いてみると、それはマイ愛車がリコールの対象になったとの知らせだった。
自動車のリコールとは、一度販売された車に何らかの欠陥があることがわかった場合にメーカーや輸入業者が無料で修理する制度のことだ。
五年以上乗っているマイ愛車のどこかにある欠陥とは何なんだ?
致命的な欠陥でないことを祈りつつ、恐る恐る読み進んだ。

拍手[1回]

PR
さきほど、こんな写真とコメントがツイッターに投稿された。

https://twitter.com/ReTweetsokuho/status/285362101738942464
(↑ リンク張れてません。このURLをコピペして飛んでください)

あるお寺が、苦情が多いので除夜の鐘をとりやめると。
お寺の「世の移り変わりにともない」という言葉から、そこはかとなく寂しさと無常観、それに無力感が伺える。
一方この事件は、騒音に対する受忍限度の他に、多数派の横暴、信仰の強要といった問題をはらみかねない。
詳しい事情はわからないが、いろいろ想像しつつこの問題を考えてみた。

拍手[1回]

子どもの頃、京都・四条通り近辺に住んでいた。
デモがとても多い時代だった。
京都でデモと言えば四条通を行進したので、デモを見ることは生活の一部だった。
メーデー、全学連、他色々。
間近に見た全学連のジグザクデモは圧巻だった!
で、デモ隊はなぜ車道を歩いていいのだろうと、素朴に疑問だったワタシ。

拍手[1回]

自然エネルギーによる発電論議がますます盛んになっている。
自然エネルギーは再生可能エネルギーとも呼ばれる。
原子力はもう要らない、できるだけ火力も使いたくないと言う人々。
自然エネルギーを推す。
曰く、水力、地熱、風力、太陽光、太陽熱、波力、重力、馬力、人力、気力、念力…。

さて、太陽光発電するソーラーパネルを、全国の休耕地や耕作放棄地に設置するという案が出ている。
ソフトバンクの孫社長などが熱心に提言している。
関西広域連合も積極的だ。
「電田プロジェクト」と言うそうだ。
それを聞いてふるふる震えるこのワタシの指は、いったいどうしてしまったのだらふ。

拍手[3回]

この一ヶ月で、何人の人と会って言葉を交わしただらふ。
指折り数えてみると、以外に少ないものだ。
指折り数えられるほどだからな。
で、毎月大きな変動はないように思う。
で、誰しもこうなのやもしれない、と、ふと思う。

拍手[3回]

#730 糸

「母1人で3人の子どもを育ててくれた。恩返ししたいと思っていた。移籍を伝えると、泣いて喜んでくれた」このたび世界王者インテル・ミラノに入団した長友佑都選手の言葉だ。泣かせる。さて、一流選手とともにプレイすることは、本人にどれほどの影響を与えるのか。「試合だけでなく、普段の練習も自分の力になる」と海外移籍した選手は口をそろえるという。それはよかった。

拍手[2回]

#729 勝負師再び

 きょうは春の匂いがした。明後日3日は節分、4日は立春だもんな。もうすぐ正月だ。うれしいな。気持ちがいい日和のきょう、いいニュースがあった。わが長友祐都君が、イタリアリーグ最強チームのインテルに移籍したことだ。すごい。松井秀樹がNYヤンキースに入ったことに匹敵する快挙だ。「世界一のサイドバックになる」と宣言していた長友。きっとなれる友。

拍手[1回]

#726 勝負師

 サッカーアジア杯準決勝。延長戦終了間際に日本が韓国に同点に追いつかれPK戦となったとき、精神的優位性は、韓国8:日本2くらいであったと思う。が、それをひっくり返して日本は勝利した。にわか解説者のワタシは、PK戦には三つの特筆すべき勝因があったと見た。そしてそこには、人間という存在の奥行きが鮮やかに描き出されていた。

拍手[3回]

#724 白赤黒

 地デジだエコポイントだなんだかんだで、十一月末の家電量販店のテレビ売り場は客でごった返していた。みんなテレビを買うというよりも、買わされているという趣きだ。その前後、液晶テレビのCMが加熱していたっけ。カラーテレビの販売競争が激化した昭和の時代を思い出した。さて、その時代のカラーテレビのCMと今の液晶テレビのCMには、不思議な共通点がある。

拍手[3回]

#699 化 身

 ミャンマーの民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさんが、11月13日、七年半ぶりに自宅軟禁を解かれた。89年から六年間、00年からも一年半軟禁されてきたから、通算十五年間軟禁生活を送ったことになる。このたび解放されたスー・チーさんが行なった演説には、人として学ぶべき点が多かった。

拍手[0回]

#677 受 賞

 ウソかまことか、ブラジルの新聞って、明るいニュースしか載せないんだって。いいなぁ。日本の新聞はどうだよ。読めば読むほど気が滅入ってくるな。なんだか、ブラジルでは毎日、楽しいことしか起こってないような気がしてくるから不思議だ。「んじゃ、ブラジルに住め」ってか。そいつは難しいな。が、住むのは無理でも、新聞だけでも取りたいな。

拍手[1回]

#664 物 々

 つぶやき?・・・ つぶやき・・・つぶやきかぁ・・・つぶやきねぇ・・・。
 どこかにこんなのがあったっけ。「丹波栗の粒焼き」などと。
 あちゃらこちゃらで、つぶやきなう。ふ〜ん。

拍手[0回]

#645 距 離 2

 今W杯の最優秀選手に、ウルグアイのフォルランが選ばれた。準決勝での漆黒の宇宙空間に一筋の輝ける弧を描く彗星のようなミドルシュートが忘れられない。ウルグアイの試合をそれまでひとつも見てなかったことが悔やまれた一瞬だった。その思いは、フォルランの受賞でいや増した。彼はきっと、ウルグアイによって育てられ磨き上げられた、ウルグアイの魂そのものであることだろう。

拍手[0回]

#644 距 離 1

 W杯が終わってしまった。明日からワタシは、いったい何を楽しみに生きていけばいいのだらふ。一ヶ月に渡って繰り広げられた無数のドラマ。すべてのシーンは躍動し、意味があり、偶然の入り込む余地は微塵もなく、しかし運命に翻弄され続けた。それらのドラマのうちのほんのいくつかに、テレビを通してではあるが関わることができて、まことに幸せだった。

拍手[0回]

#642 小 国

 Wカップ準決勝、ウルグアイ対オランダ。この試合を見るために、またまた会議を欠席した。「チケットの『うれぐあい』がイマイチで・・・」「そうですか。がんばってください」楽勝だ。が、ウルグアイは2_3でオランダに惜敗した。この試合、どちらも小さな国だ。なのにどうしてこんなに強いのであるか。で、ウルグアイという国に興味を持った。

拍手[0回]

おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
[04/07 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]