忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-071 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 06 next 08
504  503  502  501  500  499  498  497  496  495  494 
#554 貢 献

 正月に、今も正月だが、久しぶりにでっかいショッピングセンターに買物に行った。大阪近郊では屈指のショッピングモールだ。また、きょうは大阪市内へ向かう電車にも乗った。これまたかなり久しぶり。で、最近はこうした人混みに身を投じたときに、人々の着衣の色彩が気になる。限りなくモノトーンに近いのだ。これが流行なのだらふか。

 見渡す限り、モノトーンの人々の波だ。なんだか気持ちがひんやりしてくる。正月気分が冷めてくる。きょうはもう仕事に出ていたのだが、こちとらまだまだ正月気分でいたいんだってば。
 着るものだけでなく、日常のあれこれにおいて流行には置き去りにされっ放しの人生を送っているワタシなので、今年の服装の流行など知らない。が、このような見渡す限りのモノトーン的服装を見れば、それが流行なのかなと思ってしまうが、実際の所はどうなのですか。

 今の世相を明るいと感じている人はいないだろう。で、ワタシが目の当たりにした服装の色彩は、もしや世相を反映しているのだろうか。それとも、服装の流行には周期があるそうなので、たまたまモノトーン的色彩の流行が今の世相に当たってしまったのだらふか。だとすれば、なんだかぴったりすぎて不思議な気持ちになる。少々滅入ってくる。
 思うに、こんな世相だからこそ、着るものくらい明るい色のものを選べばどうだろう。少しは気分も晴れるんじゃないかなー。

 ピンクを着ると、とても楽しい気分になる。黄色を着ると高揚する。んで、近ごろはそのような色彩の服をよく身に着ける。が、実は世相がどうだからというわけではなく、別にアンチ流行人間だというわけでもない。たぶん日本晴れの神様が、ワタシが雨乞い師の修行に行き詰まっていると見て、なんとか明るい気分にしようとして、ワタシの潜在意識に命じて下さっているのだらふ。
 ただ歳を取っただけだってか。いいのだ。この際、わしが流行を作るのだ。

 で、ショッピングセンターに行ったときと電車に乗ったときのワタシはと言えば、黄色いジャケットを着ていた。電車に乗ったきょうは、黄色ジャケットに加えてでっかい真っ赤なスポーツバッグを持っていた。モノトーンの人混みの中で浮いているのがわかる。人目を引いているのがわかって、なんだかこっぱずかしくもある。が、世の中を明るくすることに少しは貢献していると言えなくもなくて、それはよかった、かどうか。

 おしまい。 
10.01.08 記 
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[07/17 Kitty]
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]