忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-121 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 11 next 01
141  140  139  138  137  136  135  134  133  132  131 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

#197 爆 発 3

 爆発という言葉には、たしかに破壊的で暴力的な響きがある。しかし、創造的で肯定的な含意もある。それを強調し、自身の人生と創作の礎としてきたのが岡本太郎画伯だ。1981年にテレビのCMで画伯のすばらしい(?)表情から発せられた「芸術は爆発だ!」という言葉によって、ワタシの若い脳みそは誘爆させられた。

拍手[0回]


 #195で紹介した岡本太郎の言葉をもう一度引用する。

『ぼくが芸術というのは生きることそのものである。人間としてもっとも強烈に生きる者、無条件に生命をつき出し爆発する、その生き方こそが芸術なのだということを強調したい。“芸術は爆発だ”』

 終の住処が検討されている画伯の巨大壁画『明日の神話』は、原爆が爆発する瞬間をイメージしたものだと言われている。が、ワタシはそこに表わされているものは否定的な感情だけだとは思わない。

『財産が欲しいとか、地位が欲しいとか、あるいは名誉なんていうものは、ぼくは少しも欲しくはない。欲しいのはマグマのように噴出するエネルギーだ』

 この言葉が示す通り、岡本太郎は『エネルギー』を讃えつづけた。言うまでもなく、原爆は巨大なエネルギーの炸裂だ。それは、悲劇的で憎悪されるべき炸裂だ。しかし岡本画伯は『明日の神話』を描くにあたって、ただ原爆を否定するだけではなく、まず原爆もすべての創作物も生命体も元は同じエネルギーであるとの地平に立ち、その上で破滅的で巨大な破壊のみをもたらす原爆と、肯定的創造行為とを対比しているように思える。そのいずれを選択するかが、「明日の神話」から生まれる人類の未来なのだ。言うまでもなく、神話は終末ではなく始まりである。

 そこに描かれたものからかもし出される様々な感情から自由でなければ、『明日の神話』製作のような作業は行ない得ない。ここに、芸術家・岡本太郎の真骨頂があると言えるのではないか。『明日の神話』を見る者は、エネルギーとは生命そのものであり、それを「今、現在、己のこととして」畏怖し讃えるという普遍的岡本太郎的心境にこそ至りたい。

『明日の神話』の今後の取扱いが、作者の意をじゅうぶんに汲んだものであればと願うばかりだ。少なくともワタシは、見る人が落ち着いて鑑賞でき、深く思索できる環境に設置してほしいと強く願っている。広告塔として利用されることだけは願い下げだ。

 おしまい。 
08.01.13 

 →『明日の神話』広島誘致会のサイト内、作品と岡本太郎について書かれたページ。
 → 関連記事「地震が怖いは人生が怖い?」2008年1月16日、京都・法然院にて行なわれた「兵庫県南部地震物故衆生追悼の集い〜追悼演奏」のプログラムに掲載されたワタシの一文です。

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[07/17 Kitty]
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]