忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-071 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 06 next 08
360  359  358  357  356  355  354  352  351  350  349 
#410 三管四音

 このブログの左上の方に、いつのまにか「きまぐれインプロ」というコーナーができているではないか。実はこのたび、気が向いたときに気の向くままにオカリナで吹いた短いメロディーをエントリ内にアップしていこうと思い立ってしまった。「きまぐれインプロ」はそのバックナンバーのページということで。この企画で、少しは音楽屋のブログらしくしていこうという次第で御座候。

 いつか揚琴も登場するかもだが、揚琴のバアイは「おっ、ひらめいたっ、弾こうっ」となったら、それから楽器をとなりの練習室から録音機材とPCがあるこの部屋までよいしょっと運んで、ケースからうんしょっと取り出して、チューニングして、マイクを立てて、となるのでかなりへんたい。
 この企画、いずれにしてもけっこう手間がかかる由、いつまでつづくやら不明にて御座候らえど、なにとぞよしなに。

 てなことはともかく、春がきた割には冷え冷えした風が吹きつづけている。暖かくなったり寒くなったり、三寒四温の頃ですな。ではあるが、車に乗って窓を閉め切っていると、暖かくやわらかな日射しはありがたい。が、危ない。きょうは京都市内まで走ったが、なぜかどこもかしこも大渋滞。折からの春の陽気も手伝って、行きも帰りも眠たいことこの上なし。国道9号線の京都方面行きの車線から、同じく渋滞中の対向車線の運転手を見ると、みんな大きなあくびをしている。カバの行列だ。

 今年の桜開花宣言は、近畿ではなぜか19日の京都市が一番だった。南国和歌山より二日も早いのはめずらしい。が、京都市内から車で一時間半のこちら丹波高原の桜は、まだつぼみがふくらみ始めた程度だ。丹波は今は桃が満開で、梅もまだまだ咲き誇っている。たったふた山越えただけでこの大きな気候の違いはなんなんだ。

 春の陽気の中で咲き誇る桃の花をながめながらゆるゆると田舎道を走るときの気分を音にすると、こんな感じ。
 ↓

 てな風にきまぐれインプロをはさみ込みつつ、きょうも日は暮れてゆく。

 それはそうと、デュエットオカリナというものがある。同時にふたつの音を出せるオカリナだ。丸い形をしていて、指穴は縦列に二列に開いている。で、縦笛のように持って吹く。イギリス製のデュエットオカリナを吹いたことがあるが、運指がなかなかややこしく、熟練には時間がかかりそうだった。が、なかなか楽しかったので、早速一曲作ったっけ。どんな曲だったかもう忘れちゃったな。

 このデュエットオカリナを、オカリナ合奏の編成の中に加えるのもおもしろいと思う。3人のうちひとりがデュエットオカリナを吹く。すると、3人で4部合奏ができてしまう。これを「三管四音」という。
 ・・・無理矢理付けた季節感たっぷりのオチで、さようなら。

 おしまい。 
09.03.26 記 
ちょいピンボケか。
水仙

拍手[0回]

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[07/17 Kitty]
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]