忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09
806  805  804  803  802  801  800  799  798  797  796 
怪我をした。
しょっちゅう怪我をしているが、生来最大の怪我だ。
全治一か月半。
三日間入院した。
運転できない。
出かけられない。
ブログでも書くしかない。
愚痴らないので、どうぞ読んで下さい。

右足のほぼ全体を包むギプスをはめて一週間が過ぎた。
「ユーロリーグシュート養成ギプス」と呼んでいる。
が、松葉杖の助けを借りて歩く身ではシュート練習はできない。
代わりに、ギプスをつけたままでリハビリの毎日だ。
「足は、使わないと一ヶ月で3分の1の筋肉が落ちてしまいます」と理学療法士の先生。
「それをせめて0.5%で済ますためにリハビリをするんです」…納得。
ギプスは三週間ではずせる見通しだが、その間リハビリしなければすばらしい美脚となるわけだ。
右足だけが。
「膝が曲がらなくなることもあります」とさらりとおっしゃる先生。
そうなれば、しゃがめなくなる。
走れなくなる。
坂道を上れなくなる。
いやさ、当分は満足に歩けなくなるやもしれぬ。
演奏も不安定になるし、畑仕事もできないではないか。

音楽も農も生涯現役でいたいと願っている。
完璧に治すしかない。
リハビるしかないっ。
怪我する以前よりも右足を太くしてみせようぞ。

で、病院で指定された一日一回のリハビリメニューの3倍を、朝夕に分けてこなしている。
加えて自主的に左足のみのスクワットと全身のストレッチで計30分。
それでいて、早くもギプスがわずかに緩くなってきた。
つまり、足が細ってきた。
リハビリメニュー、さらに増やすべしか。

…お、夕方のリハビリの時刻だ。
今便はこの辺で。

 つづく。 
12.10.30 記 


入院中に乗り回していた愛車。






拍手[4回]

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[07/17 Kitty]
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]