忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-051 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 04 next 06
882  881  880  879  876  874  873  872  871  870  869 
小学校二年生の頃の話。
トマトは野菜か果物か。
理科の時間だったと思うが、クラスがまっぷたつに割れて紛糾した。
ニヤニヤしながら黙って聞いていた先生が言った。
「みんな、きょう帰ったら家の人に聞いてこい」
わたしは野菜派だったが、近所の幼なじみまで果物だと言い張るので、なんだか自信がなくなっていた。


さて翌日。
「みんな、トマトは野菜か果物か、家で聞いてきたか?」
「は~い、果物やって」
「ちがうっ、野菜やって聞いた」
「おばあちゃんが果物やって言うてた」
「おかあちゃんは野菜や言うて笑ってたぞ」
「赤くてやわらかくて甘いから果物やって」
「八百屋に売ってるから野菜やって」
先生は、やはりニヤニヤしている。

「野菜やって聞いた人」
「は~~~いっ」
「果物やって聞いた人」
「は~~~~いっ」

7:3くらいの割合で、野菜派が勝っていた。
「見てみぃ、やっぱり野菜や」
「ちがううぅぅっ、果物やって」
「塩ふって食べるから野菜やっ」
「三時に食べるから果物やっ」
「野菜~っ」
「果物~~~っっ」
果物派は声の大きさでは勝っていた。

「せんせい、どっちなん?????」
ずっとニヤニヤしてみんなのやり取りを聞いていた先生は、おもむろに答を言った。
「トマトはなぁ、、、果物や」
「えええええっっっっ」
「やった~~~~~っ」

わたしは先生が、極めて厳しくて誰よりも恐く、かつ深い愛に満ちユーモアに長けた、農村在住でギョロ目の先生が大好きだった。
その気持ちは今も少しも変わらない。
だからあの日以来、トマトは果物だと信じている。

で、噺はここで終わらない。
トマトは野菜だと思っていた誰かが小声で言った。
「そしたら、スイカは果物か野菜かどっちなん?」
つづきはご想像におまかせいたしまする。
 おしまい。
 
15.08.22 記 
だから、トマトは甘くなくてはいけない。

拍手[4回]

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
[04/07 Kitty]
[04/02 巴だ]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]