忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-091 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 08 next 10
887  886  885  884  883  882  881  880  879  876  874 
SG 管の高音が割れる、かすれるという話題になったのはきょうの某レッスンで。
それは吹き方に問題があるのだと、持ち主がそう言った。
どんな問題がある可能性があるのかを逐一説明したのはセンセイ。
が、説明に沿って吹き方をチェックしてもなかなか直らない。
では楽器に問題があるのかもしれん、このように、と自分のSG管を取り出したセンセイ。
それは、いつの頃からか最高音のファが割れてうまく鳴らなくなったシロモノだった。



このY社の SG 管、低い音をある程度強く吹いてもピッチが崩れないすぐれもの。
音色はやや金属質で明るい。
なかなか気に入っていたので長く本番でも使ってきた。
が、いつの頃からか最高音のファが割れるようになった。
どんな吹き方をしてみても、割れる。
ウィンドウェイの中やエッジの裏に始まりオカリナの内部を何度も念入りに掃除してみた。
が、どうしても回復しない。
きっと歌口かエッジに目に見えないくらい小さな亀裂が入ったのだろう。
もう本番では使えないので、レッスン用に回して数年が経った。

で、生徒さんの楽器とよく似た音の割れ方がするので聴いてもらおうとそれを取り出した。
似た音がするから同じトラブルを抱えている可能性があると考えたわけだ。
で、最高音のファをピラリーと吹いてみたところ、あら不思議。
なんと突然きれいに鳴った。
「あれ? 鳴ったよ」
もう一度。
「鳴るじゃん」
もう一回。
「鳴る、鳴る、鳴る、きもちい~~~」
慶事はつづく。
これを機に生徒さんの SG 管の音割れも解消されてしまった。
オカリナの神様がレッスンの場に降臨してお救いくださったにちがいない。

わたしのオカリナには一体何が起こったのだろう。
エッジや歌口のバイタルエリアにこびりついていた何物かが何かの拍子に取れたのだらふか。
それとも逆に、微細な亀裂に何物かがこびりついて具合良くふさいでしまったのだらふか。
吹き方は変わってないし、楽器に何らかの変化があったことは間違いない。

まあいい。
とにかくめでたい。
金の羊を作る時に使った笛だから、また金の羊を吹いてみよう。


ちなみに、楽器に異常がないのに高音が割れるときの原因には、次のようなものが考えられる。

1.タンギングが強すぎる。
2.口の内部の空間が狭い。
3.タンギングをした後の舌の位置が悪い。(舌は下の歯の裏側にあるべき)
4.オカリナが上下左右に傾いている。

以上にはいずれもオカリナの内部の空気の自然な流れが妨げられているという共通点がある。
気流が乱れるとオカリナ自体の振動が乱れ、それが音のかすれや割れになるのだと考えられる。

多くの管楽器は、タンギングの強弱の調整によって音高を大きく変えることができる。
その際、タンギングの強弱を変化させることで特定の倍音を強調する。
タンギングという瞬間的な動作は、楽器自体の振動を調節する役割も担っているというわけだ。
それゆえに、不適切なタンギングは不安定な振動を生み出してしまう。
だから、オカリナの高音のかすれや割れの原因がタンギングにあることは十分考えられる。
(※ タンギングの強弱の変化を息の瞬間的なスピードの変化と捉えることもできる。)

さて、息とタンギングを調節する際のコツは、ごく微妙に行なうことだ。
そして、音の変化をよく聴く。
微妙に調節し、わずかな変化に心を配ることは、いい音色を作るために欠かせない。
誰かわたしに静かな心を授けてください。
 おしまい。
 
15.11.20 記 

紆余曲折


拍手[3回]

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[07/17 Kitty]
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]