忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09
111  110  109  108  107  106  105  104  103  102  101 
#168 裸足の快楽

 開演3分前というのに、ワタシは足のツメを切っていた。きょうは裸足で演奏することにしたからだ。きょうの揚琴ソロコンサートの会場「うずらギャラリー」は、お客さんには座布団が用意され、最前列は楽器のすぐ前となっている。お客さんの目の前に素足を出すのだから、失礼のないように、足のツメを念入りに切っておこうとしたのだ。

 きょうは、京町家で演奏した。うずらギャラリーは、70数年前の建築当時としてはずいぶんモダンな洋風の内装で、その一階をギャラリーとコンサート会場として使っておられる。床や階段や窓やタイルなど、随所に建築当時のままの風情が残されている。

 開場前にうずらギャラリーのオーナーのTさんと相談し、揚琴の響きが少しでも良くなるようにと、カーペットをはずれた位置で演奏することにした。ワタシの足の下はむき出しのフロアだ。裸足では相当冷たいにも関わらず、裸足で演奏することにした。

 二階へは、使いこまれてつやと風格が出た木の階段がつないでいる。そのひんやりとした感触は、開演直前にそこで出番を待っていたワタシの素足をどんどん冷した。が、裸足で演奏する決意は変わらなかった。

 開演5分前のこと、二階のソファで組んだ右足の先に、ふと目が止まった。黒い靴下の先から、親指の白いツメがわずかに顔を出している。
「こんにちは」
 ワタシは親指にあいさつすると、急いで靴下を脱いだ。予備の靴下を忘れたことに気づいたがもう遅い。裸足で演奏するしかないじゃないか。せめて片方だけ靴下を履くという選択肢もなくはなかったが。

 裸足のつま先を見れば、足のツメがやや伸びている。切るべし。ツメ切りを取り出し、すでに演奏モードに入っていたワタシは、たりらりら〜ん、パチン、パチンと、軽やかにツメを切り進めた。

 開演直前時刻となり、Tさんが呼びにきた。ワタシのツメ切り姿を見ても顔色ひとつ変えず、一言も発しない。たぶん、不思議な行為にあきれて見て見ぬふりをされたのだろう。

 が、結局、本番中は冷たさを感じなかったな。人体は不思議だ。

 おしまい。 
鹿ヶ谷カボチャ
鹿ヶ谷カボチャ

拍手[1回]

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[07/17 Kitty]
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]