忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-071 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 06 next 08
115  114  113  112  111  110  109  108  107  106  105 
#172  心 の 穴

 前便を書いた翌日、同居のご婦人が三日ほど実家に帰ると言って出かけた。と、その日から、キビちゃんがぱたりと姿を見せなくなった。
 やっぱりこういうことだったのだ。あの一羽とひとりは、もうここに帰ってくることはあるまい。いったいこの先、ワタシは誰にエサを与えてもらえばいいのだろう。鉛色の空がワタシの心に重くのしかかってくる。ワタシのこの身は自然界のきびしい掟にしたがって、寒空の下でこのまま淘汰されてしまうのだろうか。頭の中でチャイコフスキーの「悲愴」が鳴っている。

「心にぽっかりと穴が開いてしまった」という古典的表現がある。うまく言ったものだと思う。失ったものがなんであれ、何ものも代わりにその穴をふさぐことはできない。でも、その穴はいつの間にか少しずつふさがってゆく。自然治癒力はこんなところにも働く。

 一方、もどってくるべきものがもどってきて安堵することもある。そんなときには、そこにあった心の穴が、思っていた以上に大きかったことに気付かされたりもする。

 一羽とひとりがいなくなる三日前、同居のご婦人がお向かいのおじいさんと行き会った。お向かいは、おばあさんが入院しておられた。
「おばさん、その後いかがですか」
「まだ入っとる」
 お見舞いに行こうということになった。

 で、その二日後、病院に行ってナースセンターでおばさんの病室はどこなのかたずねた。
「きのう、退院されましたよ」
「え??? そ、それはよかったです!」
 満場の笑いを誘って、われわれは辞した。
 二日前のおじいさんの「まだ入っとる」は、誤った情報とまでは言えないが、なぜ『明日』の退院のことをひとことも言わなかったのだ老化。

 帰ってお向かいを訪ねてみれば、おばさんがいつものかっぽーぎ姿で表に出てこられた。大きな心の穴がふさがったのを感じた。
 そうだな、キビちゃん『たち』も、そのうちもどってくるにちがいないという気がしてきた。が、ワタシはそれまで生き延びているだらふか。

 おしまい。 
07.11.16 

 追 伸

 今便を書きあげたあとで、星椋鳥さんから、前便の写真の鳥はキビタキではなくジョウビタキだとのコメントをいただきました。さすが元日本野鳥の会会員。が、キビタキに由来する「キビちゃん」という名前は、まあそのままでもいいでしょう。キビちゃん、素性を誤ってごめんね・・・と謝っている場合ではないな。

庭で育てたダリアをいただきました。
ダリア

拍手[0回]

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[07/17 Kitty]
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]