忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-091 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 08 next 10
54  53  52  51  50  49  48  47  46  45  44 
#112 血まみれのアンコール

 もうひとつ血まみれ事件を思い出した。

 あれはいつのことだったか、シタール奏者の井上憲司氏とタブラ奏者の吉見柾樹氏と3人でツアーをしたときのこと。岡山のあるお寺で演奏した。
 その日の演奏はお寺の本堂で行なわれた。満員が見込まれたので、演奏者の位置は壁ぎわぎりぎりとなった。
 さて、2時間のコンサートが終わった。悲劇は、アンコール終了後のお辞儀のときに起こった。

 当時のワタシは、今のようにイスにすわって演奏するのではなく、ぺたりと地べたにすわって演奏するスタイルだった。アンコールが終わって、その場に立ち上がり、「瞑目して」深々とお辞儀をした。と、そのとき、ワタシのお尻がすぐ背後の壁にどん、と当たった。からだがふわっと浮いたような気がしたかと思うと、揚琴のたくさんの弦がゆっくりと顔に近付いてくるのが見えた。
 グワ〜ンと、余韻の長い揚琴サウンドが今一度会場に響いた。

 気を取り直して姿勢を正し、もう一度お辞儀をしようとしたら、おでこから何かがつーっと流れ落ちてくる。手でぬぐってみると、真っ赤な血であった。

 さらなるアンコールによって満員のお客さんの同情と失笑を得て、井上氏に肩を抱きかかえられ、それでも笑顔を振りまきながら退場した。いちばん笑ったのはワタシだったかもしれない。

 おしまい。 
赤紫蘇
赤紫蘇

拍手[0回]

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[07/17 Kitty]
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]