忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
606  605  604  603  602  601  600  599  598  597  596 
#655 奇 跡

 野生のコウノトリが飛ぶ姿のなんと美しいことか。兵庫県豊岡市は、25年前から町をあげてコウノトリの復活に取り組み続けている。ワタシが豊岡で見たのは、5年前から少しずつ放鳥されてきたものの一羽だ。兵庫県立コウノトリの郷公園を訪れて、この町が目指しているものは単にコウノトリの復活だけではなく、雄大なユートピアであることを確信した。

 日本のコウノトリは、1986年に絶滅した。が、その後全国の数カ所の動物園などとこの豊岡で、輸入されたコウノトリの飼育に成功した。2005年には豊岡で、5羽のコウノトリが世界で初めて大空へ放たれた。その後も少しずつ放鳥され、これまでに計44羽が自然に委ねられてきた。

 豊岡は、「コウノトリ『も』生活できる」地域を作るとの理念を掲げ、へんたいな情熱で実践してきた。この『も』にこそ、壮大なユートピア計画に賭ける市民の思いのすべてが込められている。
 コウノトリが滅びた主な原因は、乱獲と50年代から始まった農薬の大量使用、そして減反政策だと言われている。その結果、戦前までは日本のどこででも普通に見られたコウノトリが、たったの三十年余りで絶滅させられてしまった。
 乱獲の理由は「コウノトリが稲を踏む」というものだった。が、コウノトリの郷公園は、この理由にはなんの根拠もなかったことを、実験とデータ採取で証明した。

 コウノトリが肉食だということは、食物連鎖の頂点に立つ生き物だということだ。ピラミッドの頂点が成り立つには、安定した底辺と底面の上にたくさんの命が積み上げられていなければならない。が、土壌と水という最も底辺の環境が破壊されてしまえば、その上では何一つ生きてゆけない。
 だから、コウノトリを野生化させるには、コウノトリを頂点とするピラミッドを底辺からていねいに作り上げ、積み上げていかなければならない。

 豊岡には「コウノトリ米」という銘柄のお米がある。コウノトリが暮らせるように特に作られた田んぼで穫れたお米だ。無農薬で、なんと冬期湛水もしている。コウノトリの郷公園の周囲に青々とどこまでも広がるこうした田んぼを、間近で見てオドロイタ。なんだこれはっ、マイ田んぼにそっくりじゃなかかっ。
 当たり前と言えば当たり前だ。おんなじような作り方をしてるんだもの。コウノトリ米の田んぼには、コナギやオモダカなどの水草がびっしりと生えている。稲の育ち具合も、いい感じにふぞろいだ。水の中には、きっとたくさんのカエルやドジョウがいることだろう。これで条がくねくねで、真ん中に蓮の花が咲いていたら、まさしくマイ田んぼだ。

コウノトリ田んぼ  

 ワタシのちっぽけなパラダイスは、ここ豊岡の雄大なユートピアとつながっていた。孤独感と焦燥感は消え去った。こつこつとマイパラダイスを作り続けるエナジーが、ふつふつと沸き立ってくるのを感じた。
 豊かな雑木林、そこから流れ来る澄んだ水を引いた草ぼうぼうの田んぼ、ドジョウやカエルや数えきれない生き物と共に安心して暮らす人々を、空からコウノトリが見守っているの図。これぞユートピア。いまや奇跡か。

 コウノトリは翼を広げると2m近くある。飛ぶ姿は誠に雄大だ。コウノトリの飛び姿を、たとえばアオサギよりもずっと雄大に見せているのは、飛ぶ際の首の形だ。まっすぐに首を伸ばして飛ぶコウノトリの飛び姿を、写真に収めることができた。奇跡だ。

 おしまい。 
10.08.04 記 
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[07/17 Kitty]
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]