忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-091 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 08 next 10
73  72  71  70  69  68  67  66  65  63  64 
#130 しんぞうおじさん

 神戸オカリナフェスティバルを鑑賞した。二日間で計100組のオカリナ愛好家の演奏は、百花繚乱、個性あふれるグループも数多かった。ゲストのオカリナ奏者大澤聡さんの演奏スタイルは、どうしてもあの方の物真似をしてみたいという欲求をワタシに持たせた。
 すばらしく息の合った演奏を聴かせてくれたグループもいくつもあった。一方で、今年は達者なソロ演奏もふえた。

 さて、キラ星のごときある奏者があった。

 となり村に住むらしいその奏者の二曲目のこと。オカリナが音楽を先取りし過ぎてしまった。にも関わらず、さすがCDの伴奏は、まったく動揺することなく、正確にテンポを刻みつづけた。それは、無礼にも正確過ぎた。
 が、奏者は、顔色ひとつ変えずに演奏をつづけておられる。自己の内側からあふれいでつづける、そのめくるめく音楽を、誠実にひたむきに表現しつづけておられる。

 間奏に入った。もしやここで俗世に立ち戻ってしまわれるのであればもったいないとさえ思った。しかし、間奏が終わってもオカリナは、何事もなかったかのように、伴奏と一定の距離を保ったまま音楽を先取りしつづけた。それは見事ですらあった。

 彼の奏者の決意はとても固いように見える。ここがわしの生きる場所、伴奏がなんじゃい、世間がなんじゃい、かかあがなんじゃいとばかりの秘めた気迫さえ感じられる。
 彼の奏者はまゆひとつ動かさずに吹きつづけられ、そのまま悠々と演奏を終えられた。
 当然、無礼なCDの伴奏は、彼の奏者さんが望んでおられるよりも長くつづいた。ここで、ようやく彼の奏者さんは自分がこれまで俗世を離れていたことに気がつかれたようだ。会場のどよめきが、自分の演奏への単なる賞賛にすぎないものではないことも察知されたのかもしれない。
 しかし、まったく動じるご様子もなく、むしろ堂々と舞台を後にされた。神戸文化ホールの広い舞台を、背筋を伸ばして泰然と横切ってゆかれるその横顔には、人生を達観した人の風格が漂っていた。
 ワタシは彼の奏者さんの精神の強靱さにただただ敬服した。次回はぜひ「My Way」を聴かせてほしい。

 オカリナは息を大きく吸ったり吐いたりするので健康に良いと考えられている。加えてこのおじさんのようなオカリナ吹きは、心筋梗塞には縁がないと思われる。

 第7回神戸オカリナフェスティバルに参加した巴だ指導のよっつのグループとワタシは、全員が天国と地獄を共有した。と思う。みなさんお疲れさまでした。ありがとうございました。

 おしまい。 
ど、どーん。
花火3

拍手[1回]

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[07/17 Kitty]
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]