忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-061 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 05 next 07
302  301  300  299  298  297  296  295  294  293  292 
#354 師 走

 先生も走りだす師走。その通り、師匠のはしくれであるセンセイことワタシは走りつづけている。いつもは一ヶ月の間に分散されているオカリナのレッスンが、12月は第一日曜の合同発表会に備えて第一週に集中するのが恒例になっている。

なにせあちこちに点在する15グルーブだ。一週間で800kmほど走る。やせる。発表会当日が終わると死ぬ。安らかに眠っていたいが、猛烈な食欲に負けて、お供え物を食べに墓の下からゾンビのごとくによみがえる。

 運転している時間を発表会で自分が演奏する曲を憶える時間にしようと思っても、運転しながらではなかなかはかどらない。ちょっと進むとおばはんの車が飛び出して来て驚いて中断。前を走るじーさんの車が意味不明の急減速をして驚いて中断。で、曲の同じところばかりぐるぐると回っている。
 発表会の進行を頭で整理しようとしても、信号で止まるたびに振り出しに戻ってしまう。いつまでたっても開会のあいさつの次へ進めない。
 去年は、余興の落語を身振り手振り入りで憶えようとしていて、信号待ちをしていた対向車のおっさんに不審人物を見る目で見られた。

「レッスンでいちばん苦労することはなんですか」と問われれば、「車の運転です」と答えそうになる。が、生徒さんたちの笑顔と発表会にかける真剣なまなざしにパワーをもらって、センセイは師走を乗り切るのであったとさ。

 おしまい。 
08.12.06 記 
イチョウの葉のじゅうたん。前便の写真の翌々日の秘密の場所にて。
イチョウの落ち葉

拍手[0回]

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
[04/07 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]