忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
840  839  838  837  836  835  834  833  832  830  827 
表現力不足に自分で気づいているがどうにもならない、なんとかしたい、なんとか助けてほしいという人には、全力で力になりたい。
が、実際はどうすればいいのか、正直言ってよくわからない。
たぶんそれは、表現という素晴らしい営為が「感動」に深く関わっているからだろう。
感動とは人の内面の出来事であり、他者が人の心をどうにかすることはできないのだから。
が、表現の扉を開けるための鍵はあると思う。
せめてそれをなんとかお届けしたい。



前便では、曲に込められた感情を感じ取り、それを込めて演奏することが曲を表現することであり、演奏の目的だと論を進めてきた。
この、感情、心を込めて演奏するまでのプロセスは、整理して見ると意外に単純だ。

 1.曲・演奏を聴く(楽譜を読む)
 2.曲・演奏に込められた感情を感じ取る
 3.自分の中に感情が呼び起こされる=感動する
 4.感動を表現したいという欲求が湧き起こる
 5.曲に込められた感情を込めて演奏する
 (2.3.4.は不可分だと言える)

では、演奏に感情を込められないときに足りないものはなんだろう?
上記のプロセスによれば、それは「2.曲・演奏に込められた感情を感じ取る」ではないだろうか。
感じ取れないものを再現する、表現することはできないのだから、これは十分考えられる。
感じ取っているつもりでも、それが表現につながらないのであれば、感じ取り方が浅いのかもしれない。
(あるいは、感じ取った後にそれを再現できるに足る処理ができていないのかもしれない)

何かの出来事に接して、感動が大きければ、人は自然にアクションを起こす。
演奏も同じだ。
音楽に感動すれば、それを再現したい、伝えたいという欲求が自然に湧き起こる。
そして、深く感じ取るほど感動と表現欲求は大きくなり、表現は深くなる。
インプットとアウトプットの関係。
作用反作用の法則。

(感動できないとき、原因は、1.曲 2.演奏 3.聴き手 のいずれか、またはいくつかにあると考えられますが、ここでは曲と「聴き手」は原因ではないものとして話を進めます)※ 「 」内、14.07.26 訂正

では、どうすれば深く感じ取り、感動できるのか。
こればかりは答はない。
はじめに書いたように、感動はそれぞれの人の内面の出来事、心の問題なのだから、こうすればこうなるという処方箋はない。
では、いかに感情を込めて演奏するかという問題について、具体的な解決方法はないという寂しい結論になってしまうのだらふか??

ワタシはセンセイ稼業を続けていきたいので、ここでギブアップしたくない。
マイ生徒さんたちや多くのオカリナフリークにも、あきらめてほしくない。
はじめに書いたように、表現の扉を開けるための鍵はあると思うのだ。
そしてその扉の向こうには、無限の表現世界が広がっている。


何年か前、このブログのコメント欄に寄せられたある方の揚琴の練習方法についてのご質問に対して、こんな回答をさせていただいた。
いかに心を込めて吹くかのヒントにはなるやもしれないと思い、再掲させていただく。

『練習とは、形を整えることではなく、心をこめて「音楽」として弾けるようにすることです。そのためには、基礎練習だけではなく、日頃良い音楽を聴いたり美しいものにふれたり色んな体験をして、たくさん感動すること、周囲のすべての音をよく聴くこと、すべての動作をていねいに心を込めて行なうことがとても大切だと思うのです。それと、欲張らないこと、あせらないこと、何よりも自分をよく知ることと自分で考え工夫すること、自分を信じることが大切だと思ってます』


以上を受けて、次便では表現の扉を開けるための鍵と、それを手にする方法について記したい。
 つづく。 
13.09.08 記 

拍手[3回]

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[07/17 Kitty]
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]