忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09
839  838  837  836  835  834  833  832  830  827  826 
あと一歩で大きく飛躍しそうな人というのは、見ていて聴いていてとても気になる。
そのあと一歩とは、多くの場合は曲の表現に関する壁を越えることなのだ。

 正確に吹けているが、何か物足りない。
 一所懸命に吹いているが、人の心に届かない。
 音色は美しいが、聴いていると意外にすぐに飽きてしまう。

マイ生徒さんの中にも、自分の演奏のこうした面に気づいていながら自力ではどうにも解決できず、秘かに悶々としている人がいるのを感じる。
または、ひとり言のように「なんでだろー」をくり返す人もいる。
あるいは「センセイ、なんとかしてくだせい」と直訴に及ぶ人も少なくない。


「棒吹き」「棒弾き」という言葉がある。
文章や台詞を読むときの「棒読み」を楽器の演奏にあてはめてもじった言葉だ。
台詞の棒読みと言うとき、そこになんの感情もイメージも込められていない状態を指す。
見ていて聴いていて心が動かされないし、ときには退屈この上ない。
オカリナ人の演奏にも、このような状態がよく見られる。
で、そつなく吹けているのに退屈な演奏は、よく表現力不足と言われる。

演奏における表現とは何かという問いは、演奏とは何かという問いに等しい。
そこには何の違いも無い。
演奏における表現とは、曲に込められた感情を表現することだ。
で、演奏とは、音に感情を込めて奏でることだ。
ゆえに、演奏における表現と演奏そのものとは、定義において何の違いも無い。
演奏に込めるべき感情こそが、音楽の「中身」なのだから。
それをあの手この手で表現する力が表現力と呼ばれるものだ。
だから、表現力不足の演奏とは、中身を十分表現できていない、もしくは演奏として中身が無いということになる。
 シュークリームにはやっぱりカスタードクリームがたっぷり入っていてほしいし、たこ焼きにタコが入ってへんかったらたこ焼きとちゃうやん。

話はもどって、、、

 正確に吹けているが、何か物足りない。
 一所懸命に吹いているが、人の心に届かない。
 音色は美しいが、聴いていると意外にすぐに飽きてしまう。

こうした演奏に共通していることは、音に感情が乗っていないことだ。
つまり表現力不足。
いかに心を込めて演奏するか。
ここに、多くのオカリナフリークが越えたくてもなかなか越えられない壁があるのだなと、近頃とみに感じる。

いかに堂々とした吹き姿であっても、気持ちが入っていない音、機械的に吹いている音はすぐにバレる。
必ずバレる。
へそくりより浮気より簡単にバレてしまうこと請け合いだ。
先日の神戸フェスでも、堂々たる吹き姿で会場をどよめかせるようなかなり上手な人たちでも、いたるところに棒吹きの音が散見された。
指の動きの速さや正確さだけが際立った、死んだ音を出してしまっている人も目立つ。
きっとどう吹けばいいのかわからないままでその音を吹き流している。
オカリナという共通の趣味を持っていない人の心を動かすことはむずかしいと思う。

また、個人的な思いばかりが前に出てしまっている演奏も、人の心に届かない。
演奏に込めるべき心、感情とは、個人的なそれではなく、曲に込められている感情なのだから。
およそ人の心に届く曲には、そこに誰もの心に共通の深い感情が込められている。
だからこそ、人の心に響き、共鳴する。
それを込めて演奏することが、曲を表現することであり、演奏の目的とされてきた。

 つづく。 
13.09.07 記 

神戸へ行くとこんな店ばかり目につく。


拍手[5回]

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[07/17 Kitty]
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]