忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
775  774  773  772  771  770  769  768  767  766  765 
放射能は目に見えないが、ガイガーカウンターがあれば強さを目で確かめられる。
音も目に見えないが、チューナーがあれば高さを目で確かめられる。
自分が出している音の高さが正確なのかどうか。
耳だけではわからないことが多い。
そんなとき、チューナーは強い味方だ。
オカリナのように音を一定に保つことがむずかしい楽器をする人は、チューナーと仲良くなりたい。

YA●AHAやK●rgのデジタルチューナーに向かってオカリナを吹くと、針がふれる。
針がメーターの中央でぴたりと止まれば、正確なピッチで音を出せていることになる。
が、なかなかぴたりと止まらない。
伴奏CDに合わせて曲を吹きながらなど、とんでもない。
針がぴたりと止まったときには、曲は終わっていたりする。

合奏中にチューナーで音を確かめるのも、よほど慣れてないとムリだ。
やめといた方がいい。
楽譜は見ないといけないし、伴奏は聴かねばならないし、ときには指揮者もいる。
目が六つ要る。
または、バラバラに動く目がいくつか。
不気味だ。

ある程度オカリナを吹ける人なら、ピッチを合わせにくい音域がわかると思う。
上のドより高い音と、下のレより低い音、くらい。
特に低い音があなどれない。
耳がお留守になると、ついつい強く吹いてしまう。
音が上ずる。
ハーモニーをこわす。

自分が吹くことだけに一所懸命になってしまう人は、低音が高くなる傾向がある。
実はほとんどの人がそうだ。
耳がお留守。

注意深く聴いても耳で高さがわからなければ、チューナーで、目で確かめる。
そうして、「音が合っているときの響き方・音色」を耳で憶える。
または、息の強さ、すなわち「力の込め加減」で憶える。

神戸オカリナフェスティバル。
数十組のアマチュアグループを聴いていると、上手なグループほど低音がよくコントロールされている。
で、全体的に年々この点が改善されている。
多くの人がチューナーを使って練習していることが推測される。
が、弊害もある。

チューナーに、つまりピッチに気を取られすぎると、音が死んでしまうのだ。
生き生きとした演奏でなくなってしまうのだ。
くら~い演奏になってしまう。
神戸でも、ピッチは良いが暗いグループ続出。
それゆえにチューナーを使って練習していることが推測されるという面もあるのだ。

生きた演奏とピッチ合わせの両立。
それは、情熱的表現と冷静な配慮の両立のことだと言える。

「どうすればできますか」
やっぱり、常日頃の修錬です…と逃げるセンセイ。

真面目な話、こういうことは、自分で考えて答を出そうとすることに意義があると思う。
ワタシも、常に考え中なのでする。
ひとつ言えることは、演奏の基礎の第一歩は「聴く」ことだということ。
耳がお留守でいくら吹き続けても、チューナーに見入っていても、正しいピッチはなかなか身に付かない。

 おしまい。 
11.09.04 記 




拍手[8回]

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[07/17 Kitty]
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]