忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
483  482  481  480  479  478  477  476  475  474  473 
#533 聴き上手

 長年音楽にいそしんでいると、音とはその人自身だという思いがますます深まる。演奏によって生まれた音は演奏者の分身だってことだ。音にはその人が今何を感じ、何を考えているかだけではなく、時にはその人がどんな人であるかまでが映し出される。だからこそ、相方の音を大切にすることは相方その人を大切にすることなのだと言える。ぜったいにそう言える。

 オカリナの生徒さんたちに対して、いつもいつもいつも、といつもを何連発しても足りないくらいいつも申し上げているアドバイスのひとつが「よく聴きなされ」ということだ。まず自分の音を、そして伴奏を、そして相方の音をよく聴きなされ、と言いつづけて幾星霜。
 よく聴きながら吹いている音と、あまり聴かずに吹いている音とは、歴然とちがっている。音色がちがう。生きの良さがちがう。穫れたてピチピチの生きの良さは、この季節、間人のカニだけではない。自分の音、伴奏、相方の音に耳をしっかりと傾けつづけている人の音は、理屈を超えて胸にぐっと来るのだ。

 吹いているときに、センセイが「もっとよく聴いてっ」と叫ぶ。言われた人は「えっ、なんで聴いていないことがわかったの?」と、不思議そうな顔をする。が、わかるのだ。ワタシでなくてもわかると思う。みんながグループの合奏の音の全体像を聴きながら吹いているときの音色は、やわらかく溶け合い、一体感がある。そんな中に楽譜をなぞっているだけの人がいれば、その人の音には「角=カド」があって、浮いてしまい、たちどころにわかるのだってば。

「聴きなされ」に対して「聴いてますがな」と言いたげな顔をする人もいる。はい、確かに、聴いておられますがな。相方の音を聴いてなければ相方に合わせて吹けないはずですがな。が、ワタシが求める聴き方は、ただ漠然と聴くことではない。よく聴いてリズムやピッチを合わせるだけでもない。ブレスを聴き、息使いと抑揚を聴き、もっと言うならば「その人を聴く」ことなのだ。

 音とはその人自身である。合奏にいそしむ全ての人は、この事実をわきまえ、もって相方の音を尊重すべきだ。相方や共演者や伴奏者と自分との関係とは、互いの音を利用し合うだけの関係ではないはずだ。互いを生かし、磨き、高め、共に良き音楽を実現し、共に幸せなひとときをこの世界に提供していく素晴らしい、愛に満ちた関係であるはずだ。
 だから、相方の音は単なる物理的な音ではなく、その人の魂でありその人自身なのだから、生まれたての我が子に接するがごとく、心を込めて大事に接っせねばねばと言える。
 で、そのためにすべき最初の作業が「聴く」ということになる。

 聞き上手は話し上手だと言われるが、ワタシはそれを真理だと思う。聞かずしてどうやってコミュニケートするのか。会話とは自我の垂れ流し合いではない。で、会話と同じく、合奏もコミュニケーションなのだ。

 今月のいくつかのレッスン。ワタシの「もっとよく聴きなされ」の連発に対して少しも臆せず、反発せず、あきらめず、なんとかセンセイの真意を理解し、実践しようと努められたこれらのグループ。この数ヶ月で確実に成果は上がってきている。音の聴き上手は、センセイのアドバイスに対する聞き上手から始まった。
 そう言えばこれらのグループのひとつ、名前が「聴き上手」という言葉の中に含まれているとさ。

 おしまい。 
09.11.27 記 
希少種の「そよご」がウチの裏庭で見つかって、それはうれしい。
葉を煮出した液に布を浸すと、とてもやさしいピンク色に染まる。
そよご1

拍手[1回]

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[07/17 Kitty]
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]