忍者ブログ
揚琴、オカリナ & インディアンフルート奏者がつづるいろいろばなし。
音楽、田舎暮らし、自然・環境、時事、ほかいろいろ。
どうぞ、ごゆっくり。
2017-091 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 08 next 10
163  162  161  160  159  158  157  156  155  154  153 
#219 キャベツの千切り

 あれはいつのことだったか、インド料理屋でバイトしていたときのこと、ときどきキャベツの千切りをしなければならなかった。ワタシはキャベツの千切りが苦手だった。「タン・・・ストン・・・カタン・・・」と、いやになるほどゆっくりにしかできなかった。

 耳にはいつか聴いた千切り名人の包丁の音が常にこびりついている。あの「タンタンタンタン・・・」という小気味良い音をイメージして挑むのだが、どうしてもああはいかない。そんな自分を受け入れていたつもりだった。んにゃ、「わし、キャベツの千切り屋になるつもりはないもんね」と居直っていただけだ。

 が、あるとき、事もあろうか千切りには適さない細い包丁で無理なスピードで千切りを強行した。案の定、包丁が左の中指の第一関節の真上に落ちた。止まらない血を見て「まーっかぁにながーれるー、ぼくのちーしーおー」と歌いながらあわてたことを反省したが、痛みと後悔以外の何物も得られなかった。

 生活に関わるあらゆる作業を順調に仕上げるためには、自分が実行可能なスピードで取り組むことが原則だ。そのスピードを超えると、必ず事故が起きる。
 この原則は、楽器の練習にも適用できる。いくら思い入れが強い曲であっても、いきなりできもしない速さで練習しては何ひとつ身につかない。そればかりか、くり返し無理を重ねることで、かえって悪いくせを刷り込んでしまう。そうなると、楽しく美しく演奏することなど、いつまでたっても叶わない。

 何が人をできもしないスピードに駆り立てるのか。それは、「欲」ではなかろうか。
 むずかしいフレーズを楽々演奏している人を見て、自分も早くあのように演奏したい、早く上手になりたいと願うこと自体は自然なことだ。が、その願いに含まれる「早く」が諸悪の根源なのだ。

「早く」は、自分の技術と能力の範囲内で望むべきことであるはずだ。望むものを着実に自分の身に付けたいのであれば、適切な手順を踏むしか道はない。すなわち、確実にできる速さで、自分の音をよく聴いて、自分をよく観察して、階名を歌って、リズムに乗って、などなど。プロ・アマ問わず例外はあり得ない。

 形だけの練習は、時間と気力・体力の浪費でしかないことを、人生経験豊富な人でさえなかなか了解できないというアマチュア音楽愛好家事情をなんとかしたいと、常に思っているのだが。

おしまい。 
08.03.01  
ウチのおひなさま
おひなさん

拍手[0回]

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
おしらせ
ライブ情報はホームページをご覧下さい。2017年5月14日に更新されました。
お問合せもホームページからしていただけます。
太 陽 暦
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
管理人について

HN:
巴だ リョウヘイ
性別:
非公開
職業:
揚琴・笛演奏屋 オカリナのセンセイ
趣味:
ほしい。
自己紹介:
 
演奏活動歴/揚琴、27年。オカリナ、16年。
活動範囲/全国の都心から山間地まで。
演奏場所/ホールからお座敷まで。オカリナは野外歓迎。
演奏目的/オープニングセレモニーから追悼演奏まで。
演奏形態/独奏から異業種間共演まで。
所属事務所/Magnolia Music(自分的オフィス)

コンタクト方法/上記のホームページ(HP)の「Contact」のページからどうぞ。

特 技/晴れ男であること。

オカリナ倶楽部 “夢見るガチョウ” 主宰。

京都府下農村在住。
雨乞い師見習い。
自然農見習い。
New Comments
※ 非公開を希望される方はその旨お書きください。
[07/17 Kitty]
[05/31 Kitty]
[04/17 Kitty]
[03/13 巴だ]
[12/08 栗美]
[12/06 巴だ]
[04/23 Kitty]
twitter
ブログ内検索
New Track Back
ようこそ
バーコード
"巴だ リョウヘイ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP@SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]